ベータグルカンは医師も推奨!

ベータグルカン

不要な成分

ベータグルカン(βグルカン)に含まれる不純物は、機能性を阻害する。だから、純度の差以上に機能性が上下する。

ベータグルカンに不要な成分

ベータグルカン (βグルカン)健康食品の比較では、 単純にはベータグルカンが多い方が優れた製品です。 当然のことながら同じお金を費やして、同じ量を摂取した場合には、中に含まれている成分としてのベータグルカンが多い方が機能性が発揮される可能性は高いのです。 さらにベータグルカンと水以外の不純物であるタンパク質や脂質が多いことは、製品の価値を損ねるだけでなく、肝心要のβグルカンの機能性をも邪魔する危険性があるのです。 タンパク質や脂質が多く残存して含まれているベータグルカン製品では、まず含まれているベータグルカンが少ないためにベータグルカンの分子の数が少ないのです。さらに、そのベータグルカンの分子が不純物であるタンパク質や脂質に包含されてしまっているために、小腸でマクロファージに直接に接触できる可能性が下がります。これでは、2重の効率低下が起こってしまうことが、機能性の決定的な低下要因となっています。

反対に高純度のベータグルカンなら、 含まれているベータグルカンが多く、ベータグルカンの分子も多いのは当然です。 さらに不純物が少ないことで、ベータグルカン分子が露出していることから、小腸でマクロファージに吸収される確率が高く、効率性が高いのです。 だから、高純度βグルカンは少量でも効率よく、機能性が発揮されるのです。