ベータグルカンは医師も推奨!

ベータグルカン

もともと水溶性!

ベータグルカン(βグルカン)は、そもそも水溶性なのです。しかも、吸収効率には無関係!

ベータグルカンはもともと水溶性!

純粋な物質としての「ベータグルカン (βグルカン)」は水溶性です。 これは、高分子化学の物性に関することなので、曲げようの無い学術的・科学的な真実です。厳密には完全に純粋な成分としてのベータグルカンは「難水溶性」という性質なので、水には溶けるものの 少し混ぜる作業が必要であることを意味します。つまりは、ベータグルカンは簡単に水に溶けるのです。

粗悪なベータグルカン製品の中には先に水に溶けているだけのベータグルカンを「水溶性ベータグルカン」と称して高額で販売する例があります。かき混ぜるだけで溶けるベータグルカン成分なのに、微量のβグルカンを予め溶かし込んだだけの水分98%の製品まで出回っています。生来に存在する成分の性質を言葉を変えて宣伝する意味は無いはずなのですが、必要以上に高額で販売するための付加価値を無理筋で創作しているのです。

水溶性ベータグルカンに多いネットワークビジネスとの関連性もさることながら、ベータグルカンの水溶性に訴求して宣伝が展開されているのは、世界でも日本だけです。世界中の研究者や研究機関が実証実験・臨床試験でβグルカンを用いる場合には、殆どが「高純度のパン酵母βグルカン」を用いています。「パン酵母=Baker's Yeast」で世界の学術/研究論文を検索することで簡単に確認できます。

その結果として、世界中の研究者のベータグルカン研究で臨床の用いられているのは、既に実績が高く、製品品質も優れ、価格も安価な製品が多いパン酵母ベータグルカンなのだと判明します。水分ばかりで成分品質が低く、価格だけが高い水溶性ベータグルカンを海外で臨床に採用する理由は無いのが実情です。

「欺瞞に満ちた水溶性? ベータグルカン」と「世界中の研究対象である最先端高純度ベータグルカン」のどちらに命を託すのが良いか、答えは明白です。