ベータグルカンは医師も推奨!

ベータグルカン

吸収される仕組み

吸収の仕組みを理解することで効率アップ。 ベータグルカン(βグルカン)が吸収されるのは、マクロファージに接触する小腸です。

ベータグルカンが吸収される仕組み

ベータグルカン (βグルカン)は小腸でマクロファージに接触することで体内へ吸収されます。 水や、油に溶けることで吸収される他の栄養素とは体内吸収の経路が全く違うのです。ベータグルカンは、その分子が小腸の腸壁でマクロファージに接触し、マクロファージに捕食されることで体内へ取り込まれるのです。一定量の数(分子数)を小腸へ投入することで体内に吸収されるベータグルカン分子の数量を最大化できます。この時ベータグルカン分子が不純物で覆われていると、マクロファージのレセプターに接触できるずに摂り込んでもらえないのです。だから、不純物の少ない=純度の高いベータグルカンを一定量以上に投入することで、マクロファージへベータグルカンを多く取り込んでもらえる機会を増やすことが重要となっています。

このような吸収経路を経ることからも、不純物が多いベータグルカンの効率が低いことが理解され、また高純度βグルカンの効率が数値の差以上に高くなっている原因だと判ります。