ベータグルカンは医師も推奨!

βグルカン

水で摂る理由

ベータグルカン(βグルカン)を食後に摂るのは、「モッタイナイ」。食間がベストな訳とは?

βグルカンを水で摂る理由

ベータグルカン (βグルカン)の効率を最大化するには「食間に水だけ」で摂取することが最善です。

冷水でもぬるま湯でもベータグルカンは安定な成分なので、コップ半分から1杯程度の多目の水で摂取するのが良いでしょう。

よくある質問に、お茶やコーヒー、ジュースと混ぜてβグルカンを摂取することの是非が問われますが、「水」が一番です。 ポイントは、「たんぱく質、脂質の含有量」です。 『オルタスβグルカン85』のような高純度ベータグルカンは、 吸収性を高め、機能性を最大化するために、不純物としてのたんぱく質、脂質を除去精製するために時間と費用を掛けています。 折角も たんぱく質、脂質を除去したにもかかわらず、普通の食事と近い時間帯にβグルカンを摂取してしまうと胃の中でβグルカン分子がたんぱく質や脂質に包み込まれてしまいます。 これではベータグルカンがマクロファージに接触できません。 つまりは、お茶やジュース、コーヒーとベータグルカンを摂取すると、害は無いものの、いわゆる「モッタイナイ」状態になるのです。

最高効率を目指すなら水だけでのベータグルカン摂取が最善ですが、好き嫌いなどの諸事情で混ぜなければ摂れない場合もあるでしょう。 その場合には、効率の低下が避けられませんが、それでもベータグルカンを摂らないよりも、少量でも摂ることでベータグルカンの吸収と機能性は期待できます。 このような状況でも高純度のベータグルカンであれば、効率低下を補って余りある機能性が期待できるでしょう。